ご相談

AGA(エージーエー)とは

AGA(エージーエー)とは、[AndroGenetic Alopecia]の略称で[男性型脱毛症]と言う意味です。
これは成人男性に発症する進行性の脱毛症の事を指し、症状としては、額が後退して頭頂部が薄くなるのが特徴です。

発症の年齢や進行の度合いには個人差があり、特に不健康な生活を強いられる職種の方に多いのが特徴です。

■男性型脱毛症の原因
男性型脱毛症の原因は、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などと考えられています。
これにはドイツ・ボン大学の研究チームが研究の末、40歳以前にAGAになった男性のいる家系の血液を分析してみたところ、X染色体にある男性ホルモンの受容体遺伝子に変異が目立ったと言うことで、これが原因で毛髪が抜けやすくなるのではないかと言う見方をしています。
まだ完全に結論が出ているわけではなく、一概にそれが原因とも言い切れませんが、自分の母親の父がAGAであった場合、自分にも将来男性型脱毛症が発症する可能性があるかもしれないということです。

男性ホルモンの影響について

男性型脱毛症の主な原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)です。
男性型脱毛症では、脱毛部分の頭皮に多量のDHTが確認されています。DHTは5α-還元酵素によってテストステロンから作られ、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することにより、ヘアサイクルが乱れ、成長期が終了してしまいます。そのため毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまいます。十分に成長しない細く短い毛髪が多くなることで、全体として薄毛が目立つようになります。

■薄毛改善には健康な生活が重要
AGAを予防するために有効な対策として、栄養バランスの取れた食事、ストレスをためない生活、酒やタバコを控えるなどがあります。上記で説明したように、薄毛は毛髪が充分に成長しない事に原因の一端があるので、やはり健康な生活を送り、毛髪に正しい成長を続けさせるのは改善に繋がります。もちろん薄毛はすぐに改善され、髪が目に見えて増えるわけではありません。根気良く長い目で改善に努めていくことが大切になります。

AGAの治療

AGAの治療には大きく2つの種類があります。飲むタイプ頭皮につけるタイプです。
飲むタイプには、プロペシア(フィナステリド)があります。
頭皮につけるタイプには、 塩化カルプロニウムやミノキシジルがあります。
プロペシアもミノキシジルも一般では販売していません。医療機関のみの処方ですので、自己判断せずに、医師の診断のもとに適切な治療を受けることが大切です。

■プロペシア
プロペシアは5αリダクターゼのお薬で、テストステロンが、DHT(ジヒドロテストステロン)に変る時に関わっている「5α還元酵素」を遮断する働きがあります。男性の脱毛症には、非常に高い効果を発揮すると言われています。
プロペシアは、一般名では「フィナステリド」と呼ばれています。本来、前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として開発されたのですが、副作用として異常発毛が報告されたことで、発毛剤として期待されるようになりました。
プロペシアを服用した国内の臨床試験の結果では、55%と、半数以上の方が効果を感じ、アメリカの臨床試験では、70%以上の方に効果がみられたという報告もあります。
具体的には、著明改善、中度改善、軽度改善と、感じ方に個人差があり、効果を感じるまで、最低6ヶ月という期間が必要となります。気になる副作用ですが、5年間服用しても大きな副作用は、これまで生じていないという報告がされています。

AGAのご相談は、来院前に聞いておきたいこともあるかと思います。

●治療に必要な費用はどのくらい?

●治療内容を具体的に知りたい・・・。

●薬を止めたらどうなるの?

詳しいご相談は来院されてからとなりますが、おおよその内容はお応え可能です。お気軽にお問合わせ下さい。

お問い合わせへ

診療案内

× ×
午前診療 08:30~12:00/午後診療 14:00~17:00
禁煙外来
予防接種
経鼻内視鏡検査
よくある質問
モバイルでご覧になる方はこちらのQRコードから。出先からも診療時間などをご確認いただけます。