ガン検診

胃ガン検診

胃がんは現在でもなお、我が国のがん死亡数の上位を占めておりますが、以前に比べ最近は死亡率の低下傾向が見られます。
理由のひとつには検診による、早期発見と治療技術の進歩があげられます。

早期の胃がんの場合には無症状ですが、検診を受診し早期に発見治療することで治療が可能です。
40代より男性の方が多く、喫煙、アルコール等の危険因子が気になる方は数年に1回の検診を受けましょう。またピロリ菌の感染による胃がんの関与も、最近学会発表されています。

胃がんの一次検診ではバリウムを飲んで胃のX線撮影をおこない、異常がある場合は二次検診として内視鏡検査にすすみます。

またペプシノザン法という胃の粘膜でつくられる消化酵素の前駆物質を測定することにより、胃がんの前駆病変ともいわれる萎縮性胃炎の進行度胃がんの発生の危険度を測定するものもあります。

診療案内

× ×
午前診療 08:30~12:00/午後診療 14:00~17:00
禁煙外来
予防接種
経鼻内視鏡検査
よくある質問
モバイルでご覧になる方はこちらのQRコードから。出先からも診療時間などをご確認いただけます。