ガン検診

乳ガン検診

40才以上で問診、視触診、マンモグラフィーが基本になり近年は視触診に超音波検査を組み合わせたりします。

日本女性の悪性腫瘍罹患率第一で日本女性16人に1人は乳がんです。40歳後半が最も多い年齢となります。
20歳を超えたら専門医療機関でのマンモグラフィー撮影検査や、超音波検査を行い自己検診を定期的に行い、自己検診を過信しないこと、動物性脂肪は控え、野菜中心の和食を食べる。不妊治療などのホルモン治療経験者は定期的に乳腺検査を受けることをおすすめします。

■マンモグラフィー撮影検査
乳腺専用のX線撮影で触診では診断できない小さなしこりや、石炭化した微細な乳がんの発見に威力を発揮する検査法です。ただし、乳腺が密な若い人の場合はしこりを見つけるのが難しいことがあります。
■超音波検査
マンモグラフィーに比べて小さいしこりや石炭化の診断は困難ですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人の診断にも使うことができます。

診療案内

× ×
午前診療 08:30~12:00/午後診療 14:00~17:00
禁煙外来
予防接種
経鼻内視鏡検査
よくある質問
モバイルでご覧になる方はこちらのQRコードから。出先からも診療時間などをご確認いただけます。